物件の売買を行う

2階建てマンション

郊外に不動産を保有しているのであれば思い切って売却してしまうのも1つの戦略です。そして売却して得た資金で都市部の不動産を購入するのです。これから不動産価格は二極化していきます。都市部から離れれば離れるほど、価格は安くなっていきます。中には坪数万円で購入できるエリアもあります。こういうエリアは今後も価格が下がり続けることが予想されています。一方で都市部は坪100万円を超えるところも多数あります。これらのエリアはこれから不動産価格が上昇に転じ、さらに上昇を続けるものと予想されています。この違いは人口にあります。人口が増えているエリアは不動産の価値も上がり、人口が減少しているエリアは不動産の価値も下がっていくのです。

都市部に投資資金が集中されるため、不動産価格が急に上昇する局面もあり得ます。この時には焦らずに、その後の相場が落ち着いたタイミングで購入を進めましょう。郊外の不動産を都市部の賃貸物件などに換えて賃貸収入が発生する形にすれば、副収入も得られます。固定資産税だけ払い続けていた日々から抜け出すことができ、ゆとりある生活を手にすることができます。現在、都市部では築浅の中古ワンルームマンションだと2000万円前後が相場となってきています。利回りを考えるとしばらくは今の価格水準で落ち着くと考えられますが、住宅家賃が上昇してきた段階では、もう一段と価格が上昇することが見込まれます。本格的なインフレーションがやってくる前に都市部の不動産を持ちましょう

事前に調べておく

5階建てマンション

不動産によって提供しているサービスや物件が大きく異なります。不動産を選ぶときには、事前に不動産に関する情報を収集して、信頼性の高いところを選ぶことが大切です。不動産取引を行うときの登記も必ず確認しておく必要があります。

» 詳細を確認する

人気の物件

リビング

住宅物件の中でも人気を集めている一戸建てに、デザイナーズ物件や注文住宅が挙げられます。オシャレな家に住むことが出来る他にも自分の希望する住宅につくることが出来るため住みやすい環境をつくることが出来るといえます。

» 詳細を確認する

物件の売却

古民家奥座敷

不動産物件を売却する場合、家賃として収入を得ることが出来るため副業としても利用することが出来ます。また、定年退職後なども物件の収入を得ることが出来るため安心して生活をすることが出来るでしょう。

» 詳細を確認する

物件の利用

現金

不動産会社では、多くの賃貸物件を取り扱っています。マンションやアパートだけではなく事務所なども扱っているため自分の目的に合わせた物件を利用する必要があるといえます。

» 詳細を確認する

賃貸住宅の利用

木造住宅

賃貸住宅を利用する場合、引越しシーズンなどを避けて利用すると良いでしょう。早めに目星を付けておき、不動産会社に相談することによって利用することも出来るといえます。

» 詳細を確認する